ウォーターサーバー 人気ランキング|家庭用 水の宅配TOP > ウォーターサーバーの基礎知識 > 水の宅配 > 水の宅配、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川等)

水の宅配、関東(東京・千葉・埼玉・神奈川等)

現代では、おいしい水の需要がとても多く、ミネラルウォーターの生産や家庭での浄水器の導入が増加の傾向にあります。

日本では、おいしい水は1980年代後半より健康ブームなどから需要が高まりました。一人当たりのおいしい水の年間消費量は、1995年度は5.2リットルだったのに対し、10年後の2004年度には12.7リットルというデータがありました。毎年増加の傾向にありますので、現在では13リットル以上もの量を消費していることと想像できます。

関東地方などの首都圏に焦点を当ててみると、関東などの首都圏では、使える水が少ない割に人口が多いのでおいしい水の需要が多いのです。関東などの首都圏では、梅雨や台風の時期には河川から洪水が起こるほど水の量が増えるとのことですが、日照りが続くと水資源である河川の流量が減り、枯渇しやすいのだそうです。そんな関東などの首都圏では、もちろんおいしい水の消費量はとても多く、おいしい水の宅配サービスを利用している家庭や会社がたくさんあります。

おいしい水の宅配の範囲が、神奈川・東京23区・茨城・埼玉・千葉・栃木の一部といった関東地方のみとなりますが、「アルピナウォーター」というメーカーがとても人気があります。アルピナウォーターのおいしい水は、極小浄化孔フィルターを通した高純度水で宅配される12リットルの水のボトルが995円ととても安いことが消費者にとってとても嬉しいことです。

ネット上でおいしい水のランキングを見ると、アルピナウォーターは関東地方限定の宅配にも関わらず、全体の中での売れ行きが3位、4位の位置ですので、とても人気のあるおいしい水だということが分かりました。